本やら堂

本やら堂

本が好き!

本についておしゃべりしましょう。

コメント

  1. タイヨシフミ タイヨシフミ

    ご縁があってアフリカ支援のボランティアに参加したことからアフリカに興味を持つようになりました。
    サプールの写真展に行ったり映画を観たりしました。
    この本の著者のヨシダナギさんはアフリカの写真で有名になったフォトグラファー。
    でも、本を読むとフォトグラファーになったのはたまたまのよう。
    そんなヨシダさんの人生哲学や仕事について書かれた「ビジネス書」
    ユルくアツく面白かったです。

    ↓アマゾンに飛びます

    0
  2. タイヨシフミ タイヨシフミ

    僕のオススメ本シリーズ
    「コンセプトのつくり方」
    コンセプトってすごく大切なんだけど、コンセプトの作り方というか考え方ってなかなか難しい。
    電通のディレクター山田壮夫さんの書かれた本書は、すごくわかりやすい。身体的思考の十字フレームというのが出てくるんですが、すごく役立ちます。

    ↓クリックするとアマゾンへ飛びます

    0
  3. タイヨシフミ タイヨシフミ

    大学生の時に「風の歌を聴け」を読んでから10年くらいはハルキストでした。
    最近、昔の作品を読み返したり、文庫化された比較的新しい作品を読んでます。
    「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」も面白かった。
    良くも悪くも「村上春樹」やった(笑)

    0
  4. タイヨシフミ タイヨシフミ

    本屋さんで見かけて買いました。
    著者の角田さんは元テレビディレクター。
    「好きなことだけやっていくという提案」という著書を読んだことがあって、面白い考え方をする人だなと思ってたました。
    そんな人が書いた世界史の本はきっと面白いだろうと即買い。
    まだ読んでませんけど(笑)

    0
  5. 思わずジャケ買い 笑

    1+